2012年06月02日

経皮毒の脳への影響は?

人間の脳には、脳関門という関所があって脳を混乱させる物質の侵入を防ぐようになっていますが、化学物質は脂肪にとけこんで脳に侵入します。

人間の脳は60%が神経細胞膜などの脂肪成分からできていますので脂溶性の有害化学物質が体内に取り込まれると脳細胞はその影響を受けやすくなります。

経皮毒はアルツハイマー病や若年性認知症、パーキンソン病、うつ病、学習障害、多動症、自閉症、適応障害などの脳の病気にも関係しているといわれています。厚生労働省の2002年の調査では小学生の20人に1人が学習障害、40人に1人が注意欠陥・多動性障害だと発表されました。

子供の行動障害は脳内のセロトニンやドーパミンなどの神経伝達物質が減少し、脳内化学物質が正常に分泌されていないことによるものと考えられています。行動障害が増加している原因として、環境ホルモンの影響が指摘されています。

農薬や大気汚染、日用品のプラスティックなどの環境ホルモンを含む有害化学物質です。また、カップ麺やお弁当の容器に使われている発泡スチロールはスチレン樹脂(ポリスチレン)という素材からできていますが、このスチレン樹脂に含まれるスチレンモノマー(単量体)やスチレンダイマー(二量体)は環境ホルモンの疑いがあります。

このスチレンは高温で簡単に溶け出す性質がありカップ麺にお湯を注いだり、お弁当を温めるときに溶け出している可能性があります。
ユニットバスもスチレンからつくられたプラスティックが使われており、スチレンは50度前後で溶け出しますので入浴温度でも溶け出ている可能性があります。

また学校給食や社員食堂などで使われる食器の素材ポリカーボネートに含まれるビスフェノールAもエストロゲン作用を持つ環境ホルモンです。このように生活に密着した製品に環境ホルモンの疑いがあるものが多く使われているというのが現状なのです。
posted by やまちゃん at 08:31| Comment(0) | 経皮毒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月04日

経皮毒とガン

シャンプーやリンス、洗濯用洗剤などには合成界面活性剤や溶解補助剤などのアレルゲン物質や環境ホルモン、発がん性物質がふくまれています。

ほとんどの日用品に含まれる化学物質は脂溶性のものが多く、毎日使い続けることによって皮膚細胞や乳房、子宮などの脂肪に蓄積され、皮膚ガン誘発の可能性が考えられます。

特にアトピー性皮膚炎を発症したことのある人は皮膚のバリアー機能が弱くなっているため、必要以上に紫外線を浴びていると皮膚疾患や皮膚ガンになる危険性があります。


posted by やまちゃん at 08:32| Comment(0) | 経皮毒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月17日

ボディソープの経皮毒


ボディソープやハンドソープは油や汚れを落とす洗浄力を強くするために濃度が濃い合成界面活性剤が使われています。脱脂力が強いと大事な皮脂まで洗い落としてしまうので、乾燥肌や老人性乾燥肌などになってしまいます。さらに保湿剤としてプロピレングリコールなどが加えられ、防腐剤や香料も加わっています。

また石けんを使っているから安心かといえばそうでもなくて、昔の石けんと違って今の石けんは「複合石けん」といって合成界面活性剤や保湿剤などの化学物質が含まれているソフトな使用感の石けんがほとんどです。

これは使い勝手は良いのですが成分はボディソープとほとんど同じです。
体を洗うときは角質層を壊さない安全な成分のボディソープを使い、ゴシゴシ洗いすぎないように心がけることが大切です。

posted by やまちゃん at 09:48| Comment(0) | 経皮毒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月23日

台所洗剤の経皮毒

市販されている台所用洗剤のほとんどのものは数種類の合成界面活性剤で作られた合成洗剤です。合成界面活性剤は環境破壊にもつながる有害化学物質ですが、経皮吸収の面から考えると細胞毒性と呼ばれる細胞膜を破壊する作用がもっとも危険な障害です。

破壊された細胞からは界面活性剤自体の毒性だけでなく、洗剤に含まれるあらゆる有害物質が侵入する可能性があります。健康な人の皮膚は水をのせると水滴になりますが、合成界面活性剤をよく使う人の手は水をのせると皮膚に広がります。

これは角質層の細胞膜が一時的に溶かされた状態であり、有害化学物質が体内に取り込まれやすくなってしまっているサインです。

posted by やまちゃん at 09:28| Comment(0) | 経皮毒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月30日

安全な日用品を選ぶ

まずはなにより有害物質を体に入れない努力が必要です。
日用品に関する正しい知識をもち、便利なものや目先の効果にまどわされず本当に安全なものか、環境の汚染につながる物質を使っていないかを私たち自身が厳しい目で選択する必要があります。

◎合成界面活性剤使用の洗剤は使わない
合成界面活性剤は家庭用の洗剤、シャンプー、リンス、化粧品など多くの日用品にふくまれています。特に石油から作られたものは生物の細胞膜を構成しているリン脂質を破壊するために他の有害物質の侵入を簡単にしてしまい皮膚障害、健康障害を引き起こしやすくしてしまいます。

また生分解されにくいため、自然界の自浄作用を阻害し生態系を破壊してしまう危険な物質です。生分解性のよい環境に優しい安全な洗剤を使いましょう。

◎プラスティック製品を使わない
石油から作られたプラスティック製品は高温になると環境ホルモン物質が溶け出す性質があります。温められたポリカーボネート性の食器から食べ物の中に溶け出したり、お風呂のバスタブに使われるビスフェノールAから溶け出し入浴中に皮膚から吸収される危険性があります。

また生理用ナプキンや紙おむつに使用されている高分子吸収体や漂白剤も危険ですので布ナプキン、布オムツを使うことをおすすめします。

◎農薬・除草剤・殺虫剤を使わない
農薬や殺虫剤は広範囲に散布されるため、環境汚染を引き起こします。発がん性物質や環境ホルモンも含まれますので人間だけでなく野生動物の生態まで脅かしているのです。
posted by やまちゃん at 06:29| Comment(0) | 経皮毒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月22日

毛染め剤の経皮毒

頭皮は皮膚が薄くバリアーが弱いところで、毛染め剤などの化学物質が大変経皮吸収されやすい部位です。

ヘアカラーなどの毛染め剤に入っている物質はパラフェニレンジアミン(PPD)という髪の毛を黒色系に染める物質ですが、これは強いアレルギー反応を起こすことが知られています。

アナフィラキシーという急性のショック症状で呼吸困難や鼻・のどなどの粘膜系の激しい痛みなどの障害が出て、最悪の場合にはショック死することもあるので、抵抗力のない子供の毛染めは絶対にやめましょう。

パラフェニレンジアミン(PPD)は接触性皮膚炎や粘膜のむくみ、結膜炎、鼻炎、気管支炎や喘息などの原因にもなります。また発がん性物質、環境ホルモンとしても知られており、20年以上にわたって毛染めをつづけている人はリンパ腫を発症することが多いという報告もあるそうです。

さらに毛染め剤にはアミノフェノールやレゾルシンという物質が含まれていて、これは体内に入ると酸素を破壊して貧血を起こしたりする危険な物質です。またヘアマニキュアには染色剤にタール色素が使われています。タール色素には発がん性があると言われ、体内に吸収されるとアレルギー反応を起こすことがあります。

染色剤の浸透を助けるために合成界面活性剤も使われているので、頭皮の細胞を破壊して有害化学物質を浸透しやすくしてしまいます。

毎日何種類もの毛染め剤を使って仕事をしている美容師さんに子宮筋腫などの病気が多いという話を聞いたことがありますが、こういったことがおおいに関係しているのではないかと思われてなりません。
★原因不明の痛みや腫れ 頭痛 肩こり 腰痛 リウマチ
アレルギー他免疫機能の異常などに効果的です!
★治療紹介http://www.ac.auone-net.jp/~imusashi/
★アイ・むさしや 048-677-3816
★mail aimusashiya@gmail.com
posted by やまちゃん at 05:38| Comment(0) | 経皮毒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月15日

洗剤の経皮毒

洗濯用洗剤が経皮吸収されるときいてビックリした方もいるかもしれませんが、洗濯のすすぎに残された化学物質は体に触れて摩擦や汗によって皮膚に付着し、経皮吸収されるのです。

洗濯物の生乾きの臭いは衣類に残っているタンパク質などの有機物質の汚れを細菌が餌にして増殖し、分解したときの産物によって臭いが出てくるのだそうです。

臭いを消すために洗濯用洗剤には別の殺菌作用のある化学物質が添加されています。これがアトピー性皮膚炎などで過敏な人の肌に化学物質に触れるだけでかゆみが増したり、症状がひどくなる場合があります。

また洗ったあとの衣類をより白く見せるために蛍光増白剤として有害物質が入っています。蛍光増白剤は物に移る性質があるので、肌に傷があったり、赤ちゃんのように角質層が未熟な場合には障害が起こる危険性があります。
そこで通産省ではガーゼ、包帯、乳幼児の肌着などの洗濯には蛍光増白剤の使用を禁止しています。

★原因不明の痛みや腫れ 頭痛 肩こり 腰痛 リウマチ
アレルギー他免疫機能の異常などに効果的です!
★治療紹介http://www.ac.auone-net.jp/~imusashi/
★アイ・むさしや 048-677-3816
★mail aimusashiya@gmail.com
posted by やまちゃん at 05:40| Comment(0) | 経皮毒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月06日

婦人病と経皮毒

毎日使っている日用品に含まれる有害化学物質が婦人病や生理痛に関与しているといわれています。日常生活品には合成界面活性剤などの化学物質は体内に取り込まれると環境ホルモンという物質になって残留することがあります。

環境ホルモンは化学物質が生物のホルモンに似た作用を引き起こし、人や野生動物に深刻な健康被害をもたらし、とくに女性ホルモンであるエストロゲンに似た作用を示すものは生態系を壊してしまいます。

河川や海に流れ出た環境ホルモンが生息する動物たちの体内に蓄積され魚介類の奇形や受精率の低下を招いているのです。
また近年若い女性の間で子宮筋腫や子宮内膜症が増えているのは、シャンプーやリンス、ボディソープなどに含まれる合成界面活性剤の影響が大きいと考えられています。

また性器は非常に経皮吸収されやすい部位のため、生理用ナプキンやタンポンなどの生理用品に含まれる有害化学物質が取り込まれ、これらの弊害を引き起こしているという説もあります。

そこで最近では石油から作られた一般的なナプキンではなく、布で作られた安全で肌に優しいナプキンを使う人も増えてきています。

★原因不明の痛みや腫れ 頭痛 肩こり 腰痛 リウマチ
アレルギー他免疫機能の異常などに効果的です!
★治療紹介http://www.ac.auone-net.jp/~imusashi/
★アイ・むさしや 048-677-3816
★mail aimusashiya@gmail.com
posted by やまちゃん at 05:51| Comment(0) | 経皮毒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月28日

皮膚から吸収された毒はどこへ行く

皮膚の角質層をくぐりぬけた化学物質は、細胞そのものの中にしみわたり、隣り合った細胞を伝わって内部に侵入するパターンと細胞と細胞のすきまをぬって体内に入ってくるパターン があります。

つまりそのまま皮下組織に蓄積するか、少しずつ血管やリンパ管などを通して体の各器官へ運ばれていくかです。解毒と代謝の過程が経口吸収とは全く違うので体外に排出されるには大変時間がかかります。

10日かかって10%も排出されないといわれ、ほとんどは皮下組織に残留し、体内に蓄積されるのです。また有害化学物質は脂に溶けやすいものが多く、皮下脂肪に蓄積されます。

ですから急激なダイエットで脂肪が減ると脂肪に蓄積されていた有害物質が行き場を失って血液中にあふれ出し、炎症をおこして肌がブツブツになったり、ひどい場合には中毒症状に陥るなど危険な状態になることもあります。

また人間の脳は60%が神経細胞膜などの脂肪からできているため脂溶性の有害化学物質が体に入った場合、脳細胞はその影響を受けやすくなります。本来脳には血液脳関門という関所があり、脳を混乱させる物質の侵入を防ぐようになっているのですが、化学物質は脂肪に溶け込んで脳内に侵入してきます。なかでも胎児や乳幼児の脳は脂溶性化学物質がもっとも蓄積されやすいので、大人以上に注意が必要です。

★原因不明の痛みや腫れ 頭痛 肩こり 腰痛 リウマチ
アレルギー他免疫機能の異常などに効果的です!
★治療紹介http://www.ac.auone-net.jp/~imusashi/
★アイ・むさしや 048-677-3816
★mail aimusashiya@gmail.com
posted by やまちゃん at 02:49| Comment(0) | 経皮毒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月22日

ガンと経皮毒

私たちの身近で日常生活には欠かせないシャンプーやリンス、洗濯用洗剤などには合成界面活性剤や溶解補助剤などのアレルゲン物質や環境ホルモン、発がん性物質が含まれています。

また日用生活品に含まれる化学物質は脂溶性のものが多く、毎日使い続けることによって皮膚細胞や乳房、子宮などの脂肪に蓄積され、皮膚ガン誘発の可能性が考えられます。

特にアトピー性皮膚炎を発症したことのある人は皮膚の表面の外部からの滲入を防ぐバリアー機能が弱くなっているため、必要以上に紫外線を浴びていると皮膚疾患や皮膚ガンになる危険性が益します。

★原因不明の痛みや腫れ 頭痛 肩こり 腰痛 リウマチ
アレルギー他免疫機能の異常などに効果的です!
★治療紹介http://www.ac.auone-net.jp/~imusashi/
★アイ・むさしや 048-677-3816
★mail aimusashiya@gmail.com
タグ:ガン 経皮毒
posted by やまちゃん at 05:21| Comment(0) | 経皮毒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月11日

皮膚から有害物質が浸入していく

健康な皮膚に水を置くと盛り上がって水滴になるように、表皮が皮脂腺から分泌された油分で覆われてワックス状になっています。

そのワックス状のバリアーは外界からの異物の侵入を遮断していますが、けがや病気のときには薬を早く皮膚から体内に浸透させて患部を治す必要があります。

そのために角質層のバリアーをあえて取り除くために開発されたのが溶解剤(溶媒)としてつかわれるプロピレングリコールや合成界面活性剤のラウリル硫酸ナトリウムなどです。

私たちの皮膚の細胞膜はおもにリン脂質と呼ばれる脂質で構成されていますが、溶解剤によって細胞膜が一時的に溶かされた状態になり、化学物質が侵入しやすくなるのです。

これらの物質はたしかに有害な物質ですが病気やけがの患部を治すことが先決であること、患部が治れば使用する必要がなくなることから医薬品の場合は緊急処置として一時的に適量を処方して安全の許容範囲内で使用されています。

ところが問題はシャンプーやリンス、入浴剤などの日用品やクリームローションなどの化粧品、歯磨き粉などにまで溶解剤や合成界面活性剤を使っているということなのです。

シャンプーや化粧品は毎日使うもので使用量も使う人まかせですから、これらの有害化学物質は「経皮毒」となって少しずつですが確実に皮膚のバリアーを通り抜けて体内に侵入・蓄積されていきます。

経口吸収とは違って体外へ排出されるのはわずか10パーセントです。
本来医薬品の有効成分を体内に浸透させるために開発された溶解剤や合成界面活性剤がまったく違った目的で日用品に使われて有害な物質まで肌に浸透させているので、大変危険です

★原因不明の痛みや腫れ 頭痛 肩こり 腰痛 リウマチ
アレルギー他免疫機能の異常などに効果的です!
★治療紹介http://www.ac.auone-net.jp/~imusashi/
posted by やまちゃん at 02:36| Comment(0) | 経皮毒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月23日

赤ちゃん用品の経皮毒

「ベビー用品」と記載された商品の中にも驚くほどたくさんの化学物質が添加されています。赤ちゃんの肌は、成人とは違い角質層ができあがっていないため化学物質に対して抵抗力がなく化学物質の皮膚吸収率が非常に高くなります。

臓器も未発達なので経皮吸収された化学物質は肝臓でも代謝されにくく、残留蓄積します。そのためアレルギー反応や皮膚障害を起こしやすいのです。赤ちゃんには合成界面活性剤やプロピレングリコール(保湿剤)などが含まれた製品は絶対に避けるべきです。

赤ちゃんのおしりふきシートには保湿効果を高めるためのプロピレングリコールがよく使用されています。プロピレングリコールは浸透力が高く運び屋の性質があるため他の有害物質を一緒に運んでしまいます。

しかも体の中で最も経皮吸収率が高いのは肛門と性器なのでとても危険です。またベビー用ローションにも合成界面活性剤やプロピレングリコールなどが使用されているので注意が必要です。

1974年にアメリカの小児科学会は産湯の弊害を回避するために「ドライテクニック」といって顔や頭の血液と肛門周辺の汚れはコットンなどでふき取るにとどめることが望ましいと勧告しています。
この場合も殺菌洗浄剤などの化学物質は絶対に避けるべきです。
有害物質に早くからさらされていることが現代の子供たちのアレルギーやアトピーの発症率を高めているといわれています。

市販のおしりふきシートではなくぬるま湯を入れた携帯用のおしり洗いなども販売されていますので、↓こういったものを使うのも良い方法です。

★原因不明の痛みや腫れ 頭痛 肩こり 腰痛 リウマチ
アレルギー他免疫機能の異常などに効果的です!
★治療紹介http://www.ac.auone-net.jp/~imusashi/
★アイ・むさしや 048-677-3816
★mail aimusashiya@gmail.com
posted by やまちゃん at 06:31| Comment(0) | 経皮毒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月09日

ヘアーリンスの危険性?

ヘアーリンスに使われている合成界面活性剤は使用感をよくするために陽イオン系界面活性剤といって殺菌剤、帯電防止剤、柔軟仕上げ剤が使われています。これはシャンプーに使われている合成界面活性剤よりも強力で有害な作用を示すことが多い化学物質なのです。

シャンプーやリンスには環境ホルモン、エストロゲン作用の可能性がある化学物質を危険な状態で使用しています。エストロゲン作用を持つ環境ホルモンは動物のメス化を引き起こしますが女性の月経周期や妊娠・出産にも影響を与えているのではないかと考えられています。

★原因不明の痛みや腫れ 頭痛 肩こり 腰痛 リウマチ
アレルギー他免疫機能の異常などに効果的です!
★治療紹介http://www.ac.auone-net.jp/~imusashi/
★アイ・むさしや 048-677-3816
★mail aimusashiya@gmail.com
posted by やまちゃん at 06:25| Comment(0) | 経皮毒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月05日

シャンプーの経皮毒

市販のシャンプーには多くの有害化学物質が使用されています。シャンプーに含まれる化学物質には、合成界面活性剤、ラウリル硫酸ナトリウム、ラウリル硫酸Na(SLS)、ラウレス硫酸ナトリウム、ラウレス硫酸Na、・保湿剤・乳化剤、 プロピレングリコール(PG)、ジエタノールアミン(DEA)、・防腐剤、 安息香酸、安息香酸塩、・酸化防止剤、 エデト酸、エデト塩酸(EDTA)、・着色料、 タール系色素、製品によっては使用効果を高めるために天然成分の含有を強調していますが、その効果を補助する目的で、化学物質を添加していることもあります。

頭皮はとても角質層が薄く、経皮吸収されやすい場所です。
頭皮に界面活性剤やプロプレングリコールが接触すれば皮膚のバリアーが壊され、他の有害物質までが簡単に浸透してしまいます。
それを毎日毎日繰り返し有害物質を蓄積しつづけているのです。

これからは害のないシャンプ選びやいろいろと考えながらシャンプーしないといけません。

★原因不明の痛みや腫れ 頭痛 肩こり 腰痛 リウマチ
アレルギー他免疫機能の異常などに効果的です!
★治療紹介http://www.ac.auone-net.jp/~imusashi/
★アイ・むさしや 048-677-3816
★mail aimusashiya@gmail.com
posted by やまちゃん at 06:18| Comment(0) | 経皮毒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月19日

経皮毒は部位によって吸収が違う

経皮毒を見る場合に腕の内側を1とした場合、一番すごいのは、性器で42倍、アゴ13倍、背中17倍、ひたい6倍、わきの下3.6倍、あたま3.5倍、手のひら0.83倍、かかと0.14倍という具合に体内の吸収する率が大きな違いがあります。

特に性器から入った毒は子宮を通じて生まれてくるお子さんに影響がでるケースも多々あるようです。

何が危険で何が安全かということを正しく理解しなければいけないのであります。何故こんなにどきがあるのに販売しているのかとても疑問です。

タグ:経皮毒
posted by やまちゃん at 06:21| Comment(0) | 経皮毒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

皮膚から吸収する経皮毒

外界から異物が体内にはいってしまう経路は、今のところ3つあるといわれています。

一つ目は食べ物と一緒にくちから入ってくる経路、二つ目は呼吸と一緒に吸い込んでしまう経路、三つ目は皮膚から吸収してしまう経路が考えられています。

経皮毒といわれるものには、洗剤、化学物質、合成界面活性剤や添加化合物がありますが、化粧品、外用薬など日常的に接触するものは全てが経皮毒に成りうるということです。

こうした経皮毒がアレルギーや病気の原因となっている場合が沢山あります。そこで、できるだけ、自然に作られたものを使用することが骨用になってきます。

タグ:経皮毒
posted by やまちゃん at 06:36| Comment(0) | 経皮毒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする