2017年04月25日

樋堀地区自治会長の交代について

さる4月23日、樋堀地区総会が集会所で行われた。長年勤めらた川口さんの退任に伴い、早川芳夫さんが会長に満場一致で承認された。長い間ご苦労様でした。新会長はこれからも地域のために精一杯尽くしてもらえますようお願いします。
posted by やまちゃん at 05:51| 埼玉 ☔| Comment(0) | 樋堀地区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月03日

倉松公園はさくら満開

さんぽが楽しい季節になった。特にさくらの季節は心うきうきして日本人にとって最高だ。

2016.04.03-02.JPG

2016.04.03-01.JPG
posted by やまちゃん at 07:39| 埼玉 ☔| Comment(0) | 樋堀地区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月17日

古利根川増水中

樋堀地区は古利根川と切っても切れないのです。私たちの住んでいる土地と接しているからです。古利根川は、私の昔の記憶では、3度ほど越水したことがあります。余談だが当時は木の橋でして、真冬にはスケートのように表面が凍って滑って遊んだものです。
2015.07.17-02.JPG

2015.07.17-01.JPG

写真撮影時7月16日午後6時現在 の古利根川藤塚観測所水位4.04cm

話を元に戻しますが、越水といっても堤防を水が越えるありさまは、とても怖いものです。湧水のように川の中から水がわいてきてだんだんとその湧き出る水の高さがたかくなってきて、とうとう土手を超えてきます。あっという間に水浸しです。そこで活躍したのが、和船です。

過去に2回コンクリートを打って堤防代わりにしています。その後が色の違いとして表れています。

2015.07.17-03.JPG
posted by やまちゃん at 07:02| 埼玉 ☔| Comment(0) | 樋堀地区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月16日

春日部市樋堀地区の指定避難場所の確認

万一の災害時には指定避難場所へ避難しましょう。
樋堀地区には指定避難場所が4か所あります。ご自宅から近い場所に避難しますが、あわてないためにも万一の時のことを考えご家族で避難場所、避難経路、持ち物などについて十分話し合っておきましょう。また、場所の確認をしておきましょう。
東中学校      樋堀181-1    048-752-2454
幸松小学校     八丁目353-1   048-752-3215
幸松地区公民館   牛島667-1    048-752-6065
牛島公園      樋堀20番地

ただし、古利根川の越水反乱しないという保証はありません。万一の場合どこの避難場所がよいのか。

夜間の場合は高いところというと牛島球場がいいかもしれませんね。未確認情報です。
私が小学生のころ、怖い思いというより好奇心旺盛で興奮したことを覚えています。3回くらい古利根川が越水して自宅の近くまで川の水で浸水したことを記憶として覚えています。そこで活躍したのが軒下に吊り上げてあった木製の和船、それをおろして大人たちが水の上を移動していました。今は見なくなりましたが。
posted by やまちゃん at 16:27| 埼玉 ☔| Comment(0) | 樋堀地区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月15日

樋堀白山神社のご紹介(春日部市樋堀地区)

2015.07.15-03.JPG

2015.07.15-02.JPG

2015.07.15-01.JPG

閑静な住宅街にあります。もともと昔は周囲は田んぼ地帯でしたが、開発の波に乗って住宅がたくさん出来ました。神社の左側には小さなため池があり、その隣に田んぼを挟んで川がありそれがめがね橋に続いていました。川には、川エビやフナがたくさん取れて調理して食べました。水の中にはヨシキリの巣がたくさんありました。境内にはニッキの木が2本ほどあり皮をむくといい香りがしていました。あの頃がなつかしいなー

樋堀白山神社由緒
天台宗の山伏が「白山権現」を布教「権現」は山伏の神です。小淵観音院・不動院は祈祷をする。墓地は持たない山伏でした。厄除大師が古利根川を見下ろすように建つ場所には明治初期まで白雲山・正福寺があり、百万遍の阿弥陀様と隣に白山様が祀られていたそうです。

舟を操る一族の神 
姫宮五所神社・由緒書は「熊野三山・日吉・白山の主が出現」と伝え、幸手権現堂は「熊野・若宮・白山の権現」を祀り妻沼から群馬県新田に白山様が多い。「岩松氏」は新田や足利と縁故で栄え、妻沼から船で、鎌倉に物資を送っていたらしいのです。昔の川は、鉄道に匹敵します。上柳では秩父から船で運んだ、青い石碑が大量に出ています。

新田義貞との縁
関東武士は農園を営む自営業者です。縁故や信仰で結ばれていました。春日部は、新田義貞軍に味方し、「鎌倉幕府」を倒しています。白山様を見ると、岩松氏が新田と春日部を結びつけたか、と思われます。春日部 重行の墳丘は、今も寺町の「最勝院」にあり、その末寺が「正福寺」です。

ご縁から神を祀り、地域の魂や方位の鎮守の神となりました。遠い祖先や天と、縁の場所です。

400年前の樋堀は僅か51石・砂地の村でした。樋堀に桶を堀り、幸手から樋籠までの沼を排水し新しいムラが幾つも出来ます。隣の倉松公園は120年前の排水路の跡、上流の大口橋は明治時代の「赤煉瓦」で出来た、めがね橋です。「樋堀の提案」で新しい水路を通して名残です。

明治政府は幾度か、地域の神社の大合併を命じましたが、皆様の祖先は書類だけ出し、屋根と柱だけの神輿を担いで、新しい水の守護として統治に祀りました。
祖先は、命令が無いと動けない人ではなく、庶民の力が日本の近代化させました。大きな事件より、普通の人の、努力・考え方から多く学んできたのです。

以上の内容は地元で伝えられている資料に基づき概略をお知らせしています。私も調べてみましたが詳しい文献がありませんでした。
posted by やまちゃん at 14:30| 埼玉 ☔| Comment(0) | 樋堀地区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月08日

厄除樋堀大師(春日部市樋堀地区)

この厄除樋堀大師までの道筋は裏道でかっ、とてもわかりにくいです。ヒントは樋堀地区集会所のとなりです。
入口はたつた一か所しかありません。道路に面しては冨士自動車工業(修理工場)裏手に厄除樋堀大師なっています。ところどころには案内板の設置あります。お分かりにならない場合はTEL又はお尋ねくださればお知らせします。。

2015.07.08-13.JPG

案内板の設置をしてあります。

2015.07.08-02.JPG

電柱とブロック塀の間を真っ直ぐ進んで太子堂です。 ↑

2015.07.08-03.JPG

途中の様子↑ 左側は月極駐車場、右側はブロック塀の間を真っ直ぐお進みください、⇒右手になります。

2015.07.08-04.JPG

由来の看板設置

2015.07.08-05.JPG

左側に見えるのが樋堀地区集会所、右側に見えるのが厄除樋堀太子堂

2015.07.08-06.JPG

由来
 この地に新義真最勝院の末寺で白雲山正福寺という寺があった。この正福寺に文政の頃(西暦千八百十八年)一人の旅僧が弘法大師とほか二幅の画像を描いた掛け軸を背負って来訪し数日宿泊したという。
 旅僧が寺を去ろうとすると、急に足腰が痛み出発できなくなったという。再び出発しようとすると、またも足腰が思うようにならなかった。旅僧は「これはきっと大師様がこの地に留まりたいとの思召ではないか」と悟り三幅の掛け軸を正福寺に残し旅に出ることにしたところ何の異常もなくなり旅立ちすることができたという。
 この大師様については、古老からの話や本寺の最勝院にもかたり伝えられているところによると、樋堀大師は西新井、川崎大師とともに関東三大師と云われていることついて、首の大師を樋堀、胴の大師を西新井、手足の大師を川崎といわれている。昔から霊験あらたかな厄除大師として地区民はもとより近在から参拝人を集め守護崇拝されてきたものである。なお、正福寺は明治の初期無住寺であったため、廃仏き釈令によって廃寺となったが、地区民はこの建物を太子堂と改め大師様を厄除大師として地区民はもとより近在から参拝人を集め守護崇拝されてきたものである。
その後太子堂は関東大震災により倒壊するなどしたが二回再建された。現在の建物は昭和六十一年十一月(西暦千九百八十六年)に再建され現在に至っている。
※厄除大師祭は毎年四月二十一日にお開帳されている。

☆樋堀自治会の組長さんが順番でまわってきますと太子堂の掃除や催事にも参加するようになります。
子供のころの大師様の祭りには、道路に露天商が軒を並べていました。いろいろなお店がありました。また、舞台がかけてあっても催しもあったように思い出します。大人たちはこの時とばかりに酒を飲んでいました。
posted by やまちゃん at 14:06| 埼玉 ☔| Comment(0) | 樋堀地区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月21日

白山神社の清掃

春日部市樋堀地区の白山神社の清掃が行われた。清掃は月1回開催される。

穏やかな日でとてもやりやすかったです。清掃の主体は地域の役員と組長が清掃活動を行っています。全部で16組の構成になっていますが、3人欠席で13人と役員で清掃活動を行いました。
10.11.21-01.JPG

posted by やまちゃん at 12:37| Comment(0) | 樋堀地区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月17日

樋堀地区防災訓練

樋堀地区集会所において、防災訓練が開催されました。
まずはじめに、室内においてAED(電気ショツク)の使い方及び心臓マッサージのやり方を学んだ。心臓マッサージは1分間に100回のマッサージを行い、その後1秒間に1回の人工呼吸を2回行うものです。この山方が1セットとなって救急隊が来るまで繰り返し行うというものです。
心臓マッサージは5センチくらい加圧することで、加圧が足らないと何の意味もないということなので、体験したが汗が吹き出ました。これを10分15分となるととても1人ではきついと感じました。

10.10.17-01.JPG

10.10.17-02.JPG

つきに消化訓練を行いました。消火器には2種類あり、加圧式といって中にガスが入っていて操作をするとガスが漏れて内部で加圧するタイプと
常に加圧しているタイプがあると説明がありました。流通しているのは加圧式というタイプのようです。訓練は繰り返しおこなうことで身に付くものだと感じました。
10.10.17-03.JPG

10.10.17-04.JPG
posted by やまちゃん at 11:29| Comment(0) | 樋堀地区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

樋堀地区の総会

年に一度の恒例の総会が午後1時から開催されました。総会には集会所一杯の人たちが集まります。地域の中の関心度が高いのでしょう。

10.04.25-03.JPG

入り口には受付の案内

10.04.25-04.JPG

受付の様子

10.04.25-01.JPG

10.04.25-02.JPG

総会開始前の様子

10.04.25-05.JPG

樋堀地区自治会長川口清様あいさつ

10.04.25-06.JPG

書記の鈴木様議長の選出を諮っています

10.04.25-07.JPG

議長に選出された早川様

10.04.25-08.JPG

小島文男相談役のあいさつ

10.04.25-09.JPG

総会終了後新組長全員が川口会長から一言

10.04.25-10.JPG

10.04.25-11.JPG

終了後懇親の様子

10.04.25-12.JPG
今回用意していただいた料理です。

タグ:樋堀地区
posted by やまちゃん at 06:48| Comment(0) | 樋堀地区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

大師堂祭

昨日は、大師堂祭で朝5時より御開帳です。当番の受付担当さんはとても大変です。

眠い目をこすりながらの受付となりました。幸いにして温かい南風の陽気でしたから吹きさらしの受付にはとても良かったようです。また、予報では雨とのことでしたが、当日の天候は青空の見える天候で、のぼり竿が風を受けて唸っていました。

受付も12時を持って終了し、また、ご住職により祈祷が行われました。

10.04.21-01.JPG

今度は個別に組ごとにお供物やらお札をわけて、自分たちの組に持ち帰り、配って回ります。この時お餅のお供物を上げてもらった人には、下の台となったお餅を返却します。そのため、非常に重量がおもくて大変です。

夕方5時には、集会所に組長全員が集合し反省会が開催され午後6時をもって解散となりました。

さあこれから自宅に帰って会計報告の作成です。25日の総会開催までにはきちんとしなければいけないのです。


posted by やまちゃん at 08:38| Comment(0) | 樋堀地区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月21日

大師堂前夜祭

昨日は、大師堂前夜祭が行われました。午後7時にはご住職をお招きしてご祈祷が行われました。

この近くには、西新井大師、佐野大師がありますが、樋堀地区の大師様は人間の体に例えると頭の部分に当たるそうです。そのため、格式がたかいということで遠方から訪れる人もいらっしゃるというようなことです。

10.04.20-01.JPG

受付の様子

10.04.20-03.JPG

大師堂の内部

10.04.20-02.JPG

ご住職が祈祷している様子

そのあと、ご住職と4役員・組長が会食をしました。

10.04.20-04.JPG

10.04.20-05.JPG

また、翌日は午前5時からご開帳して受付が行われます。これはお勤めしている人がどうしてもこの時間からご開帳していないと困るというようなこともあるようです。

posted by やまちゃん at 06:07| Comment(0) | 樋堀地区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月18日

樋堀地区平成22年度新旧組長会議

午前9時より樋堀集会所において、平成22年度総会に向けての打ち合わせ及び新旧組長引継ぎが行われました。

新旧組長会議なので、人数も32人と役員5人の大掛かりなものになります。

10.04.18-01.JPG

10.04.18-02.JPG

また、4月20日21日に行われる大師堂蔡に向けての打ち合わせも行われました。

10.04.18-03.JPG

両日の奉納者は数百人ということで、とても大変なようです。前夜蔡は午後3時から8時くらいまでの予定とのこと。当日は、午前5時から午後6時ころまでの予定とのことです。

ほとんどの人が始めての人ということで、混乱も予定されるので、諸注意がありましたが、何がわからないかがわからない状態なので、気おつけてやるようにしたいと思っています。
また、大師堂蔡ののぼり上げは、地元の樋友会のメンバーでやってもらっているのです。上りたては、竿が長いため1大イベントとです。大変助かります。

10.04.18-04.JPG

10.4.18-05.JPG

10.04.18-06.JPG

posted by やまちゃん at 12:38| Comment(0) | 樋堀地区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする