2017年06月11日

よもやま話 その4

以前、インプラント治療で歯医者さんに通っていた患者さんかおりました。
一日も早いインプラント治療をめざし、同日に必ず当店の予約をいれてくれました。

どうして1日に何軒もの用事を入れるのですか。と聞くと、歯の治療の痛みだけれどもとても痛くて歯医者さんからもらう痛み止めでは止まらなくてとても辛いのだということ、このままではインプラントが入れられないとのことで、痛みの治療も同時にと云っていたことを寝ていて思い出した。

そんなアイ・むさしやの使い方があるのかと少し笑ってしまった。話によると痛みが楽になるんだということ、夜もよく眠れるとのこと。その後すべてのインプラント治療が終わり、当店への通いもなくなり、こちらは残念だけど、患者さんは、行き会うと今でもとても喜んでいました。

最近、年なのかわからないけど、患者さんのことが寝ていて思い出すことがある。この痛みのことも寿司が食べたいなと思ったら思い出した。何故かというとご主人が生きていた時にお寿司屋さんのおかみさんだからだ。
posted by やまちゃん at 07:11| 埼玉 ☔| Comment(0) | むさしや案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。