2017年06月06日

両ひざの痛みの療術について(1)

サンドイッチの工程でパンに塗る作業を専門にやっていて、指が伸び切ってしまい戻らない、いわゆるバネ指の患者さん、箸がつかめずホークで食事をしていた方が半年ぶりに予約が入った。また、バネ指の痛みかと思ったら指は調子よくて何ともないとのこと。今日は、どこが痛いのかとお聞きするとロキソニンを飲んでも効かないし夜が痛くて眠れないんです。そして両ひざが腫れにより痛くて歩けないとのこと。階段なんてとても登れないとのこと。病院での検査結果では、リユウマチの反応と炎症反応はみられず、運動不足のため血行不良と診断された。

患者さんの療術器具を持ちベットの脇に立つと、チリチリと強い邪気が体全体で感じる。これはまずいと思いながらレインボー療法を基本に体全体の具合を調べてみると膝のむくみとふくらはぎの筋肉の硬さからだいぶだましだましで無理してきているようだ。背中も硬直して盛り上がっていて凝りを目でみてもわかる状態になっている。療術も終わりに近ずくと私の素足がチクチクしていて邪気が離れようとしない。これは悪い完寿さんはいつもこんな様子ですが、それを右手で払って払ってやっと静かに落ち着いた。相当我慢しながらこの日までやってきたことが邪気の量からも伺えた。

レインボー療法で診断と療術を体全体に行うことで、血行促進されて顔色も体全体の血色も良くなってきた。好転反応のことも考え、今日の基本療術を20分ほどで終わらせて、併用してせきずい活性法により両膝に4極の電極をあてて、やって見る。時間の関係で二台目の低周波治療器も出動させて足湯と通電を試みてみることにする。

帰り際、指はなんともなくなったとのこと。膝の痛みは医師に診てもらったら血行不良のため痛むのだと医師からの説明。痛み止めのロキソニンの投薬を受けて帰宅。痛み止めを飲んでも良く話ならないので、夫の勧めで、今回治療に来たようだ。帰り際階段を足が軽くなってとても良い感じと帰って行った。

posted by やまちゃん at 11:46| 埼玉 ☔| Comment(0) | むさしや案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。