2017年06月01日

脊椎狭窄症その3

平成29年5月3日に療術を受けてから今日で5回目である。今日もせきずい活性法と温熱マットを使用して体全体の血行促進を行いました。とてもピッタリと患者さんは喜んでいます。福島から帰宅しての療術、首筋の真が痛重いとのこと。せきずい活性法に加えて他の療術も行ってみる。少し神経が細い患者さんなので、うまい睡眠がとれていない様子だ。こういう場合、せきずい活性法により、第一に第二頸椎と腰椎の間を30分ほど通電すると眠気がでて熟睡した様子です。帰りにはスッキリした感じとなった。次回はいつになるのかによって体の変化が違ってくる。週2回のペースでいくと、とても体の変化がわかると思いますが、何分働いているからそんな無理なことは言えないのが現状です。
posted by やまちゃん at 15:04| 埼玉 ☔| Comment(0) | むさしや案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。