2016年02月28日

慢性の頭痛が消えた

先日体重を落としすぎて風邪をひきました。寝込むことはありませんでしたが、何とか体力をと思い調べる中にまむしの粉末ということを不意に浮かべました。それというのも40年ほど前、体力がなくて病気がちだったので群馬県の藪塚温泉に行きマムシの粉を求めて7~8年飲んで体力をつけたことを思い出して、またやって見ようと思い立ちました。

でも待てよ、へびの粉末の中で何が一番すぐれているかということを考え調べてコブラが一番強いということを知りました。 そしてそのコブラを中心にスッポン・ハブ・○・まむしを独自の調合割合を見つけ出しました。それを家族で飲んでいるととても調子がよかったので毎日痛みどめの薬を飲んでいる慢性の頭痛で悩んでいるお客さんに分けて差し上げました。療術後1週間程度痛みが和らぐがそれ以後少しずつ痛くなるので、私もあの手この手といろいろな手法を考えいます。

 お客さんは1週間飲んでみてなんとなく調子がいいようだ・2週間目に訪問があって、私はこの日の療術で頭痛を感じませんでした。帰り際、先生私の頭痛は今日は感じましたかと聞くのです。いや今日は感じなかったね。というと、やっぱりそうなんですね。と笑顔で答えてくれました。何故ですかと聞くとここのところ頭痛が無くなったんです。先生に分けてもらった粉のおかげです。とのこと、血行良くしたことによって頭痛が消えたことを実感した瞬間でした。
いつも新しいことに挑戦すると何かが変わるということを本当に強く感じた瞬間だった。ところで毒蛇の毒はどのようにするのか気になりませんか。専門家に尋ねると毒は有効なもので、160度以上の温度で乾燥して無害化しているようです。

コブラの粉末

2016.2.28-01.JPG
posted by やまちゃん at 08:39| 埼玉 ☔| Comment(0) | 健康管理情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。