2013年05月02日

春季カタル

慢性アレルギー性結膜炎の重症型で、春から夏にかけて季節的な再発をみるため、この名がつけられたものです。

症状はかゆみのほか、粘った、糸を引くような目やにが出ます。また、角膜障害を伴うことが多く、目の痛みや眩しさを感じます。おもに上まぶたの裏側に、大型で石垣状の隆起が広範囲にできるのが特徴で、角膜障害が強くなると、角膜の一部に白い濁りができることがあります。

治療には副腎皮質ホルモンの点眼が有効です。
posted by やまちゃん at 08:47| Comment(0) | 健康管理情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。