2011年11月30日

霰粒腫

まぶたにある瞼板腺に起こる慢性の肉芽性炎症です。
症状としては、まぶたの皮下に、球状のかたいしこりにふれます。皮膚とは癒着がなく、痛み、赤みもありません。

普通は自然に吸収されて消えるものの、まれに発症が急なものは、ものもらいと似た症状を起こすことがあります。治療としては、まぶたの裏側から切開して内容物を取り出します。

ラベル:霰粒腫
posted by やまちゃん at 09:56| Comment(0) | 春日部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。