2011年08月21日

脳炎

脳の中に細菌やウイルス、カビやアメーバなどが入って炎症を起こすものを脳炎と呼んでいます。

症状としては、突然の発熱に頭痛、嘔吐、意識障害、けいれんなどを伴うのが一般的で、ときには腹痛や下痢などの症状を訴えることもあります。

確実な治療法はなく、症状や後遺症を抑える対症療法が中心となります。日本脳炎の予防には予防注射を受けることが一番です。
posted by やまちゃん at 06:21| Comment(0) | 春日部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。