2011年04月04日

経皮毒とガン

シャンプーやリンス、洗濯用洗剤などには合成界面活性剤や溶解補助剤などのアレルゲン物質や環境ホルモン、発がん性物質がふくまれています。

ほとんどの日用品に含まれる化学物質は脂溶性のものが多く、毎日使い続けることによって皮膚細胞や乳房、子宮などの脂肪に蓄積され、皮膚ガン誘発の可能性が考えられます。

特にアトピー性皮膚炎を発症したことのある人は皮膚のバリアー機能が弱くなっているため、必要以上に紫外線を浴びていると皮膚疾患や皮膚ガンになる危険性があります。


posted by やまちゃん at 08:32| Comment(0) | 経皮毒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。