2011年02月12日

ハエ用(ヤマベ)浮き作り

発泡の材料(直径1センチ)を長さ4センチ、4.5センチ、5センチの3種類のサイズに切って、センターの穴に芯となる材料に発泡スチロール用の接着剤をつけて、センターに差し込みます。3種類作るのにはその理由があります。自分の希望する浮力をどの大きさで得られるかということを確認するために行います。そして、センターの上にトップとなる既製品を接着剤で差し込み一日おいて乾かします。

11.02.06-03.JPG

次にどのように作るか本体に線を引きます。

11.02.06-04.JPG

次に線にそって形をつけていきます。切るにはカッターナイフの薄刃を使用して切り出していきます。

11.02.06-05.JPG

つぎの作業は、800番のペーパーで表面の凹凸を綺麗にしています。綺麗ななったところで、水性ペイントを筆で塗ります。あまり厚くならないように少しずつ塗っては乾かしこの作業を3回繰り返します。

11.02.06-06.JPG

2日間ほど乾かし、また、800番のペーパーで塗装の表面の凹凸を綺麗にします。いよいよこれからが仕上げの塗装となります。2回ほど繰り返し塗ります。

11.02.06-07.JPG

仕上げにクリヤー透明ニスの水性を全体に2回乾かしては塗って仕上げます。これで完成です。

11.02.06-08.JPG
posted by やまちゃん at 08:45| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。