2017年05月18日

痛みのよもやま話 その1

身体の状態によって重症度がわかる目安です。あくまでも経験上からのお話です。参考にされてください。
軽症は痛み、中症はシビレ、重症は麻痺となっています。薬によらないで療術によって直っていく過程は、違った道を通って治っていくことはありません。わかりやすく言うと、療術の過程で、好転反応が出てきます。それが痛みがあったりシビレであったりということです。たとえば、重症の方の麻痺は、療術によって、中症のシビレを通って次に痛みに変わっていきます。最後に元通りとこういうことの過程を通って良くなっていくのです。
posted by やまちゃん at 10:45| 埼玉 ☔| Comment(0) | むさしや案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする