2017年05月03日

脊柱狭窄症の苦しみから解放される

平成24年に何度かかかっていただいた人から5年ぶりに予約が入った。
脊柱狭窄症とのこと、手術するまではいかないが何とか体の歪みを調整したいなどの電話であった。早速、丁寧に調子の悪い所を探りながら療術を行ってみる。30分ほどで終了した。だいぶ背中全体か張っていてつらそうな様子であったが、療術が終わると生き返ったようだといった。また来ますといって帰って行った。2週間ほどして、予約の電話だが、こちらも予約等で受け入れられないので、連休明けでしょってことで電話を切った。体の変化があったような話をしていた。
ラベル:痛み 脊柱狭窄症
posted by やまちゃん at 10:09| 埼玉 ☔| Comment(0) | むさしや案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする