2017年04月25日

樋堀地区自治会長の交代について

さる4月23日、樋堀地区総会が集会所で行われた。長年勤めらた川口さんの退任に伴い、早川芳夫さんが会長に満場一致で承認された。長い間ご苦労様でした。新会長はこれからも地域のために精一杯尽くしてもらえますようお願いします。
posted by やまちゃん at 05:51| 埼玉 ☔| Comment(0) | 樋堀地区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

氣の流れは体感がすべて

私どもの身体の中外に流れる氣を感じとり行う療術法は、その時々によって熱く感じたり、氷のように冷たく感じたり、チリチと焼け火箸を当てられているかのこどくつたわることすらある。その感じ方がいろいろな体の状態を示して教えてくれる。それが氣を捕える療法に絶対に必要なものなのです。独自のきまりがあります。
まず、氣の流れは自然に逆らわないことが重要で、水は高い方から低いところへと流れていきます。こんなように療術を行う場所も自然に逆らわないでやることが大切です。逆らえばいつか強い力で押し流されてしまいます。北からは神聖な空気の流れがあり、清々しく療術を行うことが出来、より効果的に療術を行うことが出来ます。これは長年の経験から氣の感覚を強く感じる方向でもあります。療術は頭から手へ、背中から腰へ、腰から足へと探りながら療術を行っていきます。おおむね30分程度で、スッキリと調子が良くなってきます。
この間、調子の悪い所に行くと、手が止まります。そこに氣の流れの悪い所がそうなるのです。下に下に流していくとその場所から少しずつ改善して肌スベスベの状態になっていきます。療術の受手も、体感として同じように感じる体感の強い人もおります。とてもそういう人はやりやすいです。何故なら悪い所を互いに感じながら療術が出来るからです。だからと言って感じない人はだめではありません。同じように効果は出ます。療術を行う者も受けても清々しく感じながら出来るというのが最大のものだと思います。終わった後ああ疲れたという感覚は全くありません。ともに氣の流れが良くなるということでしょうか。是非この体感を受けてもらいたいと思っています。
posted by やまちゃん at 06:21| 埼玉 ☔| Comment(0) | むさしや案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする