2015年04月29日

ゴーヤとトマトの苗を植えつけました

昨年は途中で肥やし切れになり失敗しましたので、土間に直にしました。
例年とは違い暑い毎日が続き7月の陽気といっていますが、なんと異常な気象だろうか、不吉で地震でも来なければよいなと思います。
2015.4.29-01.JPG
ゴーヤの苗
2015.4.29-02.JPG
トマトの苗
posted by やまちゃん at 16:09| 埼玉 ☔| Comment(0) | ゴーヤの成長記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月13日

「せきずい活性法」をもっと詳しく知りたい

「せきずい活性法」の基になっているのは、かって(昭和30年ころ)東大病院医学部第一内科田坂定孝教授らによって考案された「低周波脊髄通電法」である。

この田坂教授は脳卒中の治療法について、薬や手術以外に低周波を使った治療を研究していたところ、従来の当て方では持続時間があまりにも短く、決してすぐれている療法といえなかったが、電極をせきずいの特定箇所に当てて通電したところ筋電図にも大きな変化が起こることを発見、そこで、脳卒中後の片麻痺に行ったところ従来では到底期待できなかった効果が認められ、他の症状の患者にも実施したところ優秀な効果が現れた。

運動マヒについては、軽度は全治したこともまれでなく、高度のマヒについてもかなりの程度まで改善が図られた。

知覚障害については高度の知覚障害でも数回の通電で大なり小なりの改善が見られた。

その他言語障害や神経障害などにも効果があったと論文発表している。

そしてこの治療法を「低周波脊髄通電法」と名づけて、東大病院から全国の大学病院へと広まった。当時のマスコミは「奇跡の療法」として話題となり、東大を一週半もする行列が門前市をなす賑わいであったと報道された。

しかし、診療報酬があまりにも安かったため、1970年代を境に消滅していった。

田坂教授の考案した「低周波脊髄通電法」をもとに青春大学学長玉村静一郎氏によって東大系の病院で使用していた低周波治療器の周波数を数年かけて徹底分析して現在の低周波治療器スタミナイザーに生かされて完成した。

今も青春大学は、治療指導に使っているスタミナイザーは32年間使用されていても、変わらず現在も使用されています。

最大の特徴は特殊にパルス波を使っていることと導子(電極)のあて方に効果の秘密が隠されている。

そのことが病院や治療院、素人でも効果が得られている理由でもある。

「せきすい活性法」を学んだ生徒は全国で約2万2千人おり、この療法を仕事として指導している人たちも沢山育っている。

故に誰もが簡単に使いこなし、想像を超える治療効果が得られているため、今もこの療法が続いている理由でもあろう。

当店は、原因不明の痛み・麻痺・しびれ・むち打ち症・冷え性・不眠症・ぜん息やアトピーなどの免疫異常・自律神経の調整など是非ご来店ください。
mail aimusashiya@gmail.com予約は048-677-3816
posted by やまちゃん at 13:49| Comment(0) | むさしや案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月04日

【お喜びの体験談】肩こりを治したい。

「せきずい活性法」による通電と部分通電のため来館しました。本人の症状は、以下のとおりです。

@右肩が痛い
A左手のしびれがあり来館されました。

最初は、通電すると首筋が重くなったり、健康骨付近が重くなったりいろいろなところに移って行きましたが、17回目で肩こりを除いては良くなり、今は健康維持を兼ねて来館しています。(50歳後半)

(当初は70分から140分、現在は60分)

★通電効果は、あくまでも個体差があり、同じ条件でも必ずしも同改善効果が得られるとは限りません。

☆肩こり 腰痛 膝痛などでお困りの方は
☆整体よりも体にやさしい「せきずい活性法」の春日部市のアイ・むさしやへどうぞ
☆お休み  日、月、祝祭日 
☆営業時間 午前9時30分から午後7時
☆電   話 048-677-3816

posted by やまちゃん at 09:49| Comment(0) | むさしや案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月03日

【お喜びの体験談】右膝の痛みが消えて正座ができた。右肩のこりが改善されました

「せきずい活性法」による通電のため来館しました。本人の症状は、以下のとおりです。

@右膝が痛み正座ができない
A右肩の痛む

とのことで来館されました。
本人の説明では、ずっと力仕事をやっていたため、今になって無理がたたったのではないかとのこと。

通電開始から腕の痛み、両指先のしびれなど毎回痛むところが移動しました。しかし、右肩は11回目で痛みがなくなりました。

当初の右膝の痛みから両足のふくらはが痛むように変化、25回目でいたみが和らぎ正座ができるようになりましたが、通電を行った後は1週間程度は痛みはなくなるが、その後次回までの間が痛む、2週間に一度の来館ということもあり、現在も通電中です。(通電120分)

全体的に痛みは気にすることが少なくなったとのことです。体全体の調子がよくなった。


08.08.28-2.JPG
【体験者・Aさん・66歳・コメント・日ごろから歩けなくなってしまったら困ると危惧していた。もっと早くこの療法を知りたかった。】

★通電効果は、あくまでも個体差があり、同じ条件でも必ずしも同改善効果が得られるとは限りません。

☆肩こり 腰痛 膝痛などでお困りの方は
☆整体よりも体にやさしい「せきずい活性法」の春日部市のアイ・むさしやへどうぞ
☆お休み  日、月、祝祭日 
☆営業時間 午前9時30分から午後7時
☆電   話 048-677-3816

posted by やまちゃん at 13:43| Comment(0) | むさしや案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月02日

今年の風邪は頭痛

今年の風邪はいつもと違う。いつもなら高熱がでるが今年は37.4分というものだ。しかし、頭痛がすごかった。熱が下がっても頭痛が取れないのだ。やっと回復したようだ。長い10日間であった。
posted by やまちゃん at 18:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする