2019年06月18日

適応症状例

2015.07.09-21.JPG

痛み、シビレ、麻痺専門療術 片頭痛専門療術 肩こり 四十・五十肩 坐骨神経痛 腰痛 バネ指 膝痛 脊柱管狭窄症 糖尿病 冷え性 慢性疲労 更年期障害 うつ病 自律神経失調症 脳の活性化 眼精疲労・視力障害 便秘・骨密度アップ

リユウマチ 脳梗塞後遺症による言語障害及びシビレ麻痺 可動域回復療術など書ききれません。特に慢性症状の方には療術の差に定評が良いようです。

今まで数々の療術を行ってきました。詳しくはお気軽にお尋ねください。
改善完治には個人差があります。病歴や年齢など多岐にわたる疾患の持ち主については、時間を要します。
posted by やまちゃん at 14:54| 埼玉 ☔| Comment(0) | むさしや案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

恒例の第3回魚釣り

この事業は会員の親睦と釣りの楽しみを広げるという事業である。実は昨年もお楽しみ計画を企画したのだが、残念ながら、田んぼの農薬の除草剤散布の時期と重なり、釣りにならなかったのだ。それは何故かと軽く触れておこう。

水田地帯なのでこの除草剤が田んぼに撒かれるため、それが水路に流れ込んでしまうため、魚のご機嫌が悪くなり餌を食べなくなったので中止となった。

今年は時期を見直しうまくいった。
昨日、天候にも恵まれ、朝6時現地集合により開催した。参加者6名、同じ用水路で樋友会の魚釣りを開催した。餌は紅サシを上州屋で前日に買ってきて使用した。

幹事ということで、私はお世話係なので竿を出さすにアドバイスしたり、仕掛けのお世話をしたりと楽しんだ。釣果はまあまあといった具合で1人平均20尾前後である。

今年は釣り上げた魚をみんなで食べるという今回の計画なので、会場は名誉会長早川さん宅の軒下をお借りして、午前11時から幹事の私がさばいて天ぷら油で揚げて食べた。

参加できなかった人たちも電話で呼んで、みんなで賑やかに食べた。小掠会長からの提案で、来年は、釣りを親しんでもらうために見学組や食べるだけでも参加できるようにしたらどうかと話が弾んだ。

来年は参加者がきっと増えるだろうと思う。余談だが、釣りというのは競争心が伴なうために見ているだけでも本当に面白いのだ。幹事としては,来年はどんな顔で釣りをするのか今から楽しみである。
posted by やまちゃん at 15:29| 埼玉 ☔| Comment(0) | 樋友会活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

両ひざの痛みの療術について(3)

サンドイッチ作業を専門にやっていて、両ひざが腫れにより痛くて歩けない方、今日で3回目、階段も難なく登れるようになってきた。

患者さん膝からふくらはぎにかけて、筋肉が硬く固まっている様子。レイボー療法(氣の療法)を当ててみると、チリチリと強い邪気を感じる。頭から足先までを全体を一度、二度,三度と療術を繰り返して邪気を流して体から離しあげる。正気を入れると生き吹き返したように顔色が良くなり赤くなっていく。


だんだん流れが良くなってきた。少しの間、週2回繰り返せばよく成ることは間違いないのだ。でも、調子が良くなってきていることは違いない。今日は、夕方まで睡眠をとり夕方から行きつけの小料理屋さんに飲みに行くと云っている。

やっとこんな気分になってきたのと笑いながら私たちに話をしてくれた。痛み止めのロキソニンの投薬は行っていないようだ。随分改善したと感じた。

posted by やまちゃん at 11:55| 埼玉 ☔| Comment(0) | むさしや案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月16日

脊柱管狭窄症その4

平成29年5月3日に療術を受けてから昨日で6回目である。レインボー療法にて具合の悪い原因を探る。腰の周辺にはなく、せきずいには確かに邪気は存在するが、たくさんあるというものでもない。

ふくらはぎの方に移動してみると筋肉が張っていて、固く邪気が多いもの原因か、下半身に行ってみるとアキレス腱なども固くジリジリと伝わってくる。どうも今はこちらに原因があるようだ。体全体の血行促進に心掛けて療術していくのが一番だろう。

今回は、再就職の面接6月16日に備えての療術とのこと、こちらも一層、再就職の面接に備えての療術とのことこちらも氣あいが入ります。

首筋の重さはなくなった様子。これからは脊柱管を30分ほど温めて眠気がでて熟睡した様子です。帰りには、面接試験の結果がわかったら電話しますと喜んで帰った。

療術は単に治すということだけではなく、気持ちも元気にさせるという効果もあるようだ。人間と人間の関係だからとても大事なことだと思う。そんな人間を目指して頑張ろうと思う。
posted by やまちゃん at 05:56| 埼玉 ☔| Comment(0) | むさしや案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月15日

リユウマチの痛みが消えた(6)

リユウマチの患者さん来所昨日で11回目、仕事の関係で1週間に一度の療術となった患者さんはとても頑張っている。

一番の課題、ひざのむくみと歩きだしの痛みがあるとのこと。
二番目の課題である右手の固まり、だいぶ力強く動かせるようになった。ロキソニンは1日4回から1回の服用で落ち着き始めたとのこと。でも油断ならないのだ。入梅という気圧の変化の激しい時期の影響は大きいのである。

今日の希望は、腎臓を元気にしてもらいたいとの希望、ああ驚いた。まじかよ膝の痛みはどうしたのかと聞きたいぐらいだ。

早速療術を開始する。終わって見ると、痛い痛いと云っていた方が別人のように思えるくらい顔つきが良くなった。やはり痛みがあると顔は自然と歪んでくるからである。良く眠れている様子。これで一安心といったところだ。
posted by やまちゃん at 06:19| 埼玉 ☔| Comment(0) | むさしや案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月14日

出張療術(訪問)

外出困難な方を対象に出張療術を行っています。患者様のお宅にお伺いして療術を行います。なお、春日部市内で駐車場が完備されている方です。お店の療術があるため、遠方への療術はお断りしています。ご希望される方、下記のお電話へご相談ください。048-741-1230  出張療術は通常料金に、行き返りの時間を勘案した金額をご請求致します。
posted by やまちゃん at 10:25| 埼玉 ☔| Comment(0) | むさしや案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月13日

両ひざの痛みの療術について(2)

サンドイッチの工程でパンに塗る作業をしている方が1週間ぶりに来所、痛みの事は全く話さず、今朝は気分がよかったので、7時に大宮駅まで買い物に行ってきたとのこと。美味しいパンを買ってきてくれた。来月にはいろいろなところに旅行に出かけたいので、何とか良くしたいとのこと。

もっぱら仕事の話や孫の話などしてくれて、とても調子がよさげだ。前回の療術がピッタリマッチングしたのだろう。こんな気持ちのよう話を聞いて、何としても頑張って旅行に行かせてあげたいと思いにかられた。痛みが無くなるというのは、こんなにも気分が良いものなのかと改めてしみじみ感じた。
posted by やまちゃん at 11:55| 埼玉 ☔| Comment(0) | むさしや案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

よもやま話 その4

以前、インプラント治療で歯医者さんに通っていた患者さんかおりました。
一日も早いインプラント治療をめざし、同日に必ず当店の予約をいれてくれました。

どうして1日に何軒もの用事を入れるのですか。と聞くと、歯の治療の痛みだけれどもとても痛くて歯医者さんからもらう痛み止めでは止まらなくてとても辛いのだということ、このままではインプラントが入れられないとのことで、痛みの治療も同時にと云っていたことを寝ていて思い出した。

そんなアイ・むさしやの使い方があるのかと少し笑ってしまった。話によると痛みが楽になるんだということ、夜もよく眠れるとのこと。その後すべてのインプラント治療が終わり、当店への通いもなくなり、こちらは残念だけど、患者さんは、行き会うと今でもとても喜んでいました。

最近、年なのかわからないけど、患者さんのことが寝ていて思い出すことがある。この痛みのことも寿司が食べたいなと思ったら思い出した。何故かというとご主人が生きていた時にお寿司屋さんのおかみさんだからだ。
posted by やまちゃん at 07:11| 埼玉 ☔| Comment(0) | むさしや案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月08日

リユウマチの痛みが軽くなる療術を目指して(5)

リユウマチの患者さん来所今日で10回目、週2で来ていたから調子が良くなるのがとても早かった。肩の凝りと痛みは全く感じなったとのこと。仕事の関係で1週間に一度の療術となった患者さんはとても頑張っている。

一番の課題、ひざのむくみと歩きだしの痛みがあるとのこと。
二番目の課題は右手が固まっていて鞄のフアスナーをやっとつかめる程度で力が入らない様子。
レインボー療法で右手の療術を行ってみると冷たく血色がない、不便さからあまり使っていないせいなのだろう。左手に比べると手が小さいように見える。また、腕も可動域が狭かった右手が可動域の半分くらいは上がる状態まで回復している。相変わらずロキソニンは飲んでいるとのこと。

加えて今日から患者さんの希望で肝臓の数値がよくないとのことで、肝臓も元気になるようにとの希望があった。長丁場になりそうだが、患者さんのために良い療術に勤めていこうと妻と確認し合った。というのは当店は、1人の患者さんに対して2人療術でやっているからである。

他にはあまり例がないかもしれませんか。とても女性の患者さんには安心感があり喜ばれています。患者さんは9割女性となっている大きな理由でもあるだろうか。
posted by やまちゃん at 07:31| 埼玉 ☔| Comment(0) | むさしや案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする